効果的なブラッシング方法






トップページ » 効果的なブラッシング方法

効果的なブラッシング方法

効果的なブラッシング方法

髪を洗うということは、髪のからみをとき、ホコリなどを落とすだけでなく、頭皮の汚れを浮かせて落ちやすくするという「お手入れ」の大事なプロセスなのです。
現代に生きる私たちは毎日髪を洗うことができますが、「髪を洗う」という習慣が一般的になったのは、江戸時代末期のことです(もちろん毎日ではなく、月に一度、半年に一度という特別なことではありましたが)。

それまでの長い間、髪や頭皮の汚れを落とすために行っていたのは、やはりブラッシングです。
それほどの汚れ落ち効果がブラッシングにはありますし、物理的に刺激しますから頭皮の血行もよくなります。 スタイリングのときだけでなく、シャンプーの前にも必ず丁寧に行ってください。

利尻昆布トリートメント 最安値

ブラッシングの際のブラシ選びのポイントとしては、柔らかいナイロン素材や豚毛、猪毛のものがおすすめです。 また静電気が出ない素材であること、ほどよい柔らかさがあること、の二つも重要です。 静電気が出ない素材であることは言うまでもないでしょうが、静電気は髪を傷めますし、髪がパサつく原因にもなります。 プラスチック素材のものだと静電気が発生するからです。 ブラシの素材について大まかに言うと、柔らかめの豚毛は毛髪が細い人や傷んだ人向きです。 猪毛は硬めなので毛量が多い人やストレートの髪の人向きです。 ナイロン素材は、ブラシの毛の太さがさまざまなので、触れて、試してみて選びましょう

自分に合ったブラシが見つかったら早速ブラッシングケアを始めてみましょう。 まずは髪のほつれをとくために、全体をざっととかします。 ここで気をつけたいのは、「頭頂部からとかさない」ということです。 髪のほつれは下から少しずつといていきましょう。 ショートの方は別ですが、後ろで結べる程度の長さがあれば、まず毛先から少しずつとかしていきましょう。 もしも髪がひどくからむ場合は、手ぐしでまずほつれをとり、オイルなどをつけて保護してから行いましょう。

とかすときは、ブラシを持ったのとは逆の手で髪を押さえながら行いましょう。 こうすれば、万が一からまってしまっても、髪を強く引っ張ってしまう心配はありません。 また、一度にとかす髪が多すぎるとブラッシングの効果が薄れてしまうので、いくつかのパートに分けてとかすほうがいいでしょう。 ひっかかりを感じたら必ずブラシを止め、からみを手で優しくほぐしてください。